口臭が気になる

かんたん!気になる口臭をなくす方法

口臭がきになるなら

口臭が臭う場合は様々な要因が考えられますが、
まずは歯周病への対策が必要です、
歯周病の菌が発するニオイはあの口臭独特のイヤ〜な臭いを出します。
口臭といえばこのニオイというあのドブのような腐ったニオイですね。

 

口臭が治らない場合は歯周病からの原因が大半と言われています。
あの口臭が出る場合は口臭予防の方法としては歯周病を予防しましょう。

 

歯周病というのは歯周病という病名ではありません。

 

歯の周辺の病気の総称を指します。
つまり歯肉炎や歯石による歯ぐきのうっ血なども歯周病といえるのです。
そのような状態になると歯ぐきや歯の歯間部分から強烈なあの口臭のニオイが
でてくるわけですね。
私も一時期あの口臭のニオイに悩まされましたが、今では歯周病を改善することで
大幅に口臭を抑えることができています。

 

もし口臭に悩むということであれば歯周病の改善をまずはおこないましょう。
歯周病は歯磨きのブラッシング不足や歯の歯間部分などの歯磨き粉溶剤が
入りにくいところ、歯周ポケットなどで大量に発生します。

 

もし歯周病が改善されなければ、歯医者さんなどでの治療が必要となります。
歯周病そのものはあまり痛みや刺激が初期の頃は少ないため、自覚症状がほとんどなく
たいていの人が歯周病を放置している状態です。

 

歯磨きだけでは歯周病は改善できないので注意が必要です。

 

歯周病とその対策

歯周病になると歯肉炎や歯ぐきから出血が見られます。
自覚症状がないため、ほっていおく人が多いのですが、
そのまま放置してしまうとそのうち歯を支える骨まで歯周病菌が繁殖していき、
やがては歯が抜けたりしてしまいますので注意が必要です。

 

歯周病への対策はまずは歯磨きですが、
口腔内の免疫力を上げることも重要とされています。
口腔内をむやみに殺菌すると口臭が発生するとされていますが、
これは歯周病を抑える菌まで殺菌してしまうからです。

 

殺菌力の強いマウスウオッシュなどを使用することで口臭対策をすると、
このような現象が起きる場合があります。

 

人間の体は悪い菌と良い菌が常駐しており、むやみやたらな殺菌は
良い菌まで殺菌してしまうのであまりいいとは言えないのです。

 

腸内のビフィズス菌などがわかりやすい例ですよね。
ああいった良い菌も体にいるために殺菌してしまうと体がおかしくなってしまうのです。

 

口の中も同じで歯周病菌を退治してくれる菌も減ってしまったりするので
口臭が余計にでてしまうのですね。

 

特に口腔内は菌のバランスが難しく、ちょっとしたことでも崩れてしまうので
注意が必要です。
私も以前マウスウオッシュを使用してよけい口臭がひどくなったことがあります。

 

むやみな殺菌は注意が必要です。

 

では、
次回はどのように歯周病への対策をすればいいかについて書いていきます。

 

口が臭い場合の原因を突き止める

口臭が出てしまう原因として歯周病について書きましたが、
実は口臭が発生する原因としては他にも様々なものがあります。

 

たとえば糖尿病や胃炎などの内蔵疾患の場合も口臭が出る場合があります。
ただし、これらの口臭は特徴的で魚の腐ったような、歯周病による口臭とは
違った口臭が発生します。

 

血の混ざったような独特のニオイなのですぐにわかります。
また、口臭は腸の不調によっても出る場合があります。
腸内で悪臭の元となるガスが血液に乗って口臭となる場合があります。
このような場合は腸内環境を整えたり、体臭を除去するサプリなどを飲むことで
改善されやすいとされています。
体臭除去サプリは飲むことで口臭の原因や体臭の原因である物質を
科学的に分解してくれる特徴があります。

 

様々な原因による口臭もこの体臭サプリで大幅に改善できる場合があります。

 

口臭 原因

 

 

息が臭い場合の対処法としてなた豆を使うと

息が臭いと感じる場合は口臭の原因の改善が必要とされています。
息が臭くなるのは歯周病によるものが大半ですが、口臭を抑えるために歯間の清掃も重要です。
もし息のニオイがキツくなるようでしたら、歯間からそのニオイがでてる可能性があります。

 

その場合は歯間ブラシなどで歯間の清掃を行いましょう。
歯と歯の間は歯周病菌が繁殖しやすい環境である上、歯磨き粉などの殺菌成分が
入りにくい場所でもあります。
そんなときはなたまめ歯磨きを歯間ブラシにつけて使用するとなた豆の有効成分が歯周病部分へ作用して
歯周病を改善、結果として口臭を減らしてくれる効果があるとされています。

 

なたまめ歯磨きの「なた豆」には口臭の原因である歯周病が住みにくい口腔内の環境を作るとされています。
本来毒のあるなた豆は一般家庭では食べることができないため一部の農家が自分で下処理などを行って解毒し、食べられてたのみでした。
しかし、それらの農家の口臭や痔ろう、蓄膿などが改善されたことから薬効が認められいまでは製品化されたのです。
現在なたまめ歯磨きなどに使用されるなた豆は生成過程で毒はほぼ分解されていますので安心して食べることができます。

 

なかなか口臭がキツイと感じたり、臭いが取れないという場合は一度このなたまめ歯磨きを使用してみることをおすすめします。

 

歯周病の口臭は最悪の悪臭?

口臭のあの臭いというのは本当に人間が生理的に嫌う臭いで、あの臭いを嗅いだ瞬間に人間は息を止めてしまうそうです。

 

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ